国際ロータリー要綱

国際ロータリー綱領

ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓舞し、これを育成し、特に次の各項を鼓舞育成することにある。

第1項目

奉仕の機会として知り合いを広めること。

第2項目

事業及び専門職務の道徳水準を高めること。
あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。
そして、ロータリアン各自が業務を通じて社会に奉仕するためにその業務を品位あらしめること。

第3項目

ロータリアンすべてがその個人生活、事業生活及び社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。

第4項目

奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。

ロータリーの綱領中の4項目の解説は、等しく大きな意味を持つこと、
また、同時に行動をおこすべきものであるということにRI理事会の意見が一致した。

付記

ロータリーの綱領は、ロータリーの根幹をなすものであり、ロータリーの会員はこれを熟知し遵守しなければならない。
この解説、歴史に関して次の資料を参照されたい。